乳房再建 城本クリニック

乳房再建
美容外科/美容整形

乳房再建>乳ガンの検査方法>細胞診検査
細胞診検査
腫瘤を注射針などで穿刺(せんし)して細胞を採取する場合と、乳頭分泌物を直接プレパラートにつけて検査用の標本をつくる場合とがあります。
細胞診検査
正確に腫瘤から細胞が採取されなければ判定ができません。

細胞診は細胞の形態的特徴を顕微鏡で観察して、悪性か否かを判断します。
したがってある程度推測が判定に関与するので、わずかではありますが誤判定の危険があります。

正確さという点では病理組織診断に劣りますが、簡単にできる検査であるために乳腺診療で広く用いられています。
細胞診の判定には資格を持った細胞検査士(スクリーナー)と細胞診指導医とが共同してあたります。
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診
お気軽にご相談下さい
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

乳房再建トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|