乳房再建 城本クリニック

乳房再建
美容外科/美容整形

乳房再建>乳房再建の手術方法>乳房再建の方法
乳房再建の方法
手術方法(どれだけ組織が残っているか)や放射線治療を受けたかどうか、反対側の乳房の形、生活習慣(趣味、職業など)などによって適切な再建方法は異なります。

再建方法としては人工乳腺を用いる方法と自家組織を用いる方法に大別されます。
多くの場合、まずは乳房の高まりを再建します。
その後に数ケ月経過して形が落ち着いた段階で乳輪・乳首を再建します。

次にそれぞれの再建法の特徴について簡単にご説明します。
人工乳腺(ソフトコヒーシブシリコン)を用いた方法
人工乳腺(ソフトコヒーシブシリコン)を用いた方法ゼリー状のシリコンの入ったシリコンバッグを用いて乳房の高まりを再建します。
新たな傷をつけることなく乳房を再建できます。

貴女の胸の皮膚にゆとりのある場合は最初から人工乳腺を移植することができます。
もしも皮膚にゆとりが少ない場合は、まずは人工乳腺を移植するためのスペース作りから始めます。

初回手術でティッシュエキスパンダー(組織拡張器)を胸の筋肉の下に挿入します。
これは風船のようなもので、通院で生理食塩水を注入しながら少しずつ組織を伸ばしていきます。

人工乳腺(ソフトコヒーシブシリコン)を用いた方法そして数ケ月後に反対側の乳房に合わせた大きさと形の人工乳腺に入れ替えます。

また、「せっかく再建するのだから反対側の乳房も大きくしたい」、「反対側の乳房が垂れ下がっているのでそれも治したい」などのご要望をかなえることもできます。

ただし、垂れ下がった乳房は人工乳腺では再建はできません。
乳房再建の方法
人工乳腺を覆うだけの十分な皮膚がない場合(左上)、大胸筋下にエキスパンダーを挿入し(右上)、エキスパンダーに生理食塩水を加え、徐々に皮膚を伸ばします(左下)。
その後、エキスパンダーに代わって人工乳腺を挿入します(右下)。
広背筋皮弁を使用した方法
広背筋皮弁を使用した方法
背中の筋肉を利用する方法。小~中程度の乳房の再建が可能です。
特に腋の下から胸にかけての凹みが目立つ方には有効です。
ただし背中に新たな傷跡ができてしまいます。
また、背中の皮膚が胸に移動するので丸い傷跡が再建乳房に残ります。
腹直筋皮弁を用いた方法
腹直筋皮弁を用いた方法
お腹の筋肉を利用する方法。中~大程度の乳房の再建が可能です。
大胸筋の切除を受けた方には特に適しています。また、お腹まわりがスリムになるのもメリットといえます。

ただし、お腹に新たな傷跡ができます。
また、お腹の皮膚が胸に移動するので丸い傷跡が再建乳房に残ります。

お腹の手術を受けたことがあって傷がある場合には適しません。
時には、お腹の筋肉がなくなることで運動時や長時間歩行時などにお腹の張りを感じることがあります。
将来出産の予定がある方にもおすすめしていません。
予約 問い合わせ
/お気軽に相談下さい
全国フリーダイヤル
 0120-107-929
メール相談
 初診|再診
カウンセリング予約
 初診|再診
お気軽にご相談下さい
※メール相談・予約ボタンがエラー表示の際、お手数ですが、info@shiromoto.toまでお問い合わせ内容を明記の上、ご連絡下さいませ。
クリニック情報
城本クリニックのポリシー
全国のクリニック所在地
各院のドクター経歴
関連サイト
未成年者の方へ
FAXでの相談をご希望の方

乳房再建トップ
上へ
友だちに教える
English

プライバシーポリシー
サイトご利用上の注意
サイトマップ
(c) Shiromoto Clinic.
各院サイト|新宿|池袋|立川|横浜|大宮|高崎|柏|津田沼|水戸|郡山|甲府|長野|名古屋|豊橋|岐阜|四日市|静岡|金沢|富山|大阪・京都・姫路|岡山|松山|福岡|長崎|